‘未分類’ カテゴリー

ぽっこりお腹に効くポーズ

ぽっこりとした贅肉たっぷりのお腹をどうにかしたいと思った時にヨーガが効果的です。ヨーガは無理なく美しいくびれのある誰もが羨むボディを手に入れることができます。無理な食事制限をすることなどは一時的には痩せることができて理想的なスタイルになれるかもしれません。しかしせっかく手に入れたスタイルも一時的なもので、リバウンドしてしまいます。それがヨーガならば、美しさを保つことができます。ヨーガのねじりのポーズは弛んだお肉をキュッと引き締めてくれます。くびれがなくて洋服をかっこよく着こなせないという方でも、続ければ理想的なスタイルが手に入ります。

 

ヨーガで理想的なスタイルを手に入れれば、ファッションの幅も広がり、洋服選びがとても楽しくなります。美意識が高い方にはそのほかにぽっこりをなおすためのヨーガのポーズとして、鳩のポーズや鋤のポーズが効果的です。普段運動をしていない方でも、ヨーガははじめやすいスポーツです。初心者でもゆったりとできるスポーツなので、激しい運動はと思う方でも無理なくはじめることができます。またデトックス効果もあるスポーツなので、美肌も手に入れることはできます。無理なく美しくなりたいと思った時にできるスポーツです。

くびれを作る、ウエストに効くポーズ

くびれをつくる運動は色々なものがありますが、ヨガもその中のひとつです。ウエストに効くポーズというものがヨガには色々とありますので、行ってみるようにしましょう。
まず、猫のポースです。猫のように四つ這いになります。その時、手のひらは広げた状態で床につけ、足の指も床につけます。ゆっくりと息を吐いて背中を丸め、お腹をひっこめます。そのまま30秒ほど呼吸しながらキープします。ゆっくりと息を吸いながら、今度は胸をそらして30秒ほどキープします。これを5回繰り返します。観葉植物02
次に、三角のポーズです。両足を開いて立ち、右足は90度右、左足先は正面へ向けます。両腕を水平にのばして、ゆっくりと息を吐きながら右へ身体を倒していきます。左手を天井にのばして視線も天井にやり、30秒キープします。息を吸いながら元の姿勢に戻ります。反対側も同じように行います。
最後に、英雄のポーズです。両足を前後に開いて立ち、右膝を90度になるように曲げます。両手を組み合わせて頭上にあげ、ゆっくりと息を吐きながら腰を落としていきます。腰をのばして視線を天井にむけた状態で、30秒キープします。ゆっくりと息を吸いながら元の姿勢に戻ります。反対側も同じように行います。

気になる下半身効くポーズ

いつの間にかどっしりと下半身についてしまった脂肪は、中々落ちないのが難点です。
それをすっきりさせてくれるポーズを3つ、ご紹介しましょう。

まずは誰でもできる簡単なバッタのポーズです。
背中やお尻、太もものお肉を引き締める効果が期待できます。
①うつぶせに寝た状態で脚を揃え、手のひらを上にしてそれぞれ脚の付け根に入れます。
②息を吸いながら胸から上をゆっくりを起こし、両足を付け根から上に上げます。この姿勢をしばらく維持してください。最初は5秒くらいで大丈夫です。
③息を吐きながら、元の姿勢に戻します。

次にバランス系の中でも代表的な木のポーズです。
冷え性改善や血行促進、太ももと脚の引き締めに効果があります。
①直立した状態で、意識を右足(または左足)にしっかりと体重をかけます。
②左足(または右足)を曲げて、足の裏を軸足の付け根にぴったりとつけます。
③胸の前で合掌し、息を吸いながら腕を頭の上に上げます。体の軸を伸ばすように、胸を開いて深呼吸をします。
④腕を下ろしながら、上げていた足をゆっくりと下ろします。

最後は主に背中を鍛えることができる弓のポーズです。
背中と太もも、お尻の引き締めはもちろん、肩こりの改善も期待できます。
ポーズが取りにくい場合は、お腹の下に丸めたバスタオルなどを敷いてみてください。
①うつぶせに寝た状態で、息を吐きながら両膝を曲げて、かかとをお尻に近づけます。
②息を吸いながら背中を反らし、それぞれの足首を持ちます。両膝は腰幅から出ないようにしましょう。
③自然に呼吸しながら、そのポーズを30秒ほどキープします。
④息を吐きながら元の姿勢に戻ります。

観葉植物01

ヨーガで得られる効果

ヨーガを行うことにより、体に対してはさまざまな効果を発揮してくれます。肉体面にも精神面にも働きかけてくれるために、体調不良にとても有効なのです。
ヨーガを行うことで、基礎代謝を高めることが出来ます。これはゆっくりとした動作を行うことにより、体を支えるために必要な筋肉を鍛えることが出来るからです。脊柱起立筋や大腰筋などの、姿勢をまっすぐにするための筋肉を鍛えることが出来るのです。

 
基礎代謝を向上させるためには、大きな筋肉を鍛える必要があります。そのためにヨーガは役に立ってくれるのです。脊柱起立筋や大腰筋、そして脚の筋肉を鍛えることが出来るのです。ヨーガは大きな筋肉を中心に鍛え上げるために、日常の消費カロリーを増やしてくれることにも役に立ってくれるのです。
またヨーガには有酸素運動の働きもあります。有酸素運動は消費カロリーが高いために、ダイエットにおいては有効なのです。これはヨーガではさまざまなポーズを行い、そして同時に深い呼吸を行うことになります。この呼吸を行うことが難しい体制でも、リラックスした呼吸を強制されるために、高強度な有酸素運動になるのです。また深い呼吸は自律神経を整えてくれる働きもあるために、ストレス解消にも繋がります。

マタニティヨガについて

妊婦となると、運動をすることが限られてしまいます。
お腹の赤ちゃんのためには、体に無理をしないようにするという事も大切ではありますが、全く運動をしないというのも良くないでしょう。
ですので、妊娠中でも出来る運動を取り入れるようにして、妊娠期間を過ごすようにしていくことです。
そこで、妊婦にいいとされている運動に、マタニティヨガがあります。
どういったメリットがあるのかというと、一つはリラックス効果があるという事です。
妊娠期間中というのは、何かと不安になる事も多いものです。

}PgžxQ
特に初めての妊娠となると、いろんなことで不安に感じてしまう事でしょう。
そんな気持ちをリラックスさせるためにも、効果が期待できるようになるのです。
その他には、出産時に役立たせることが出来るような呼吸法であったり、分娩時の痛みをコントロールするためにもいいとされているのです。
妊娠期間中にヨガを取り入れておくことによって、分娩時にも効果が期待できるようになるというメリットがあります。
ですので、体調がいい時には生活の中で取り入れてみるようにすることです。
その時にはお腹にハリなどを感じてしまえば、すぐに休むことが大切です。
無理をし続けることは避けるようにしましょう。

パワーヨガの効果と特徴

ハリウッドスターが行って美しいボディを見に付けたことで注目されたのがパワーヨガです。沢山あるヨガの中でも難易度が高く、リラクゼーションのためのヨガではありません。このヨガは筋力トレーニングに近いハードな内容となっています。

 

これを行うことで大量のカロリーを消費して代謝が促進されるために、ダイエット効果と美肌効果をもたらします。

 

このヨガは呼吸法が大事で、1つのポーズを1分程度キープしながら意識を呼吸に集中させて瞑想を行います。単なる筋力トレーニングとは違って精神的なトレーニングでもあるので、集中力の向上や短期間での肉体改造も可能です。

 

このヨガのベースとなったのはアシュタンガヨガと呼ばれているもので、決められたポーズを反復することが基本になっています。アシュタンガヨガを行う時は呼吸に意識を集中させながら、動きを途切れさせないようにスムーズに動かします。体の動かし方や視点の位置までが細部まで決められています。

 

全てを習得するまでには根気が必要なので、怪我をしている人や初心者には難しいヨガです。アシュタンガヨガはポーズのキープ時間は短いのですが、動きを止めることなく流れるような動作が大事なのです。

ホットヨガの効果と特徴

一般的なヨガと、ホットヨガの違いは、一般的なヨガは涼しい部屋や快適な室温で行うのに対して、室温が40度、湿度が55パーセントという高温多湿な環境で行うことです。

 
温かく、湿度が高い部屋で行うことで、柔軟体操を行うのに適していて、筋肉をいためずにすみます。また、快適な室温で行うよりも、温かい部屋で行うことでより汗をかきやすく、老廃物を排出しやすくなります。たくさん汗をかくことによって、自律神経の働きを正常化することができたり、毛穴を広げて毛穴の汚れをきれいにすることができます。また、現代人は夏でもクーラーの中にいることが多いので、汗腺が衰えてしまいがちですが、たくさん汗をかくことによって体温調節をしやすい体にすることができます。

 
また、しっかりと汗をかくことによって免疫力をアップさせたり、ストレスを解消することもできます。体温が上がれば、脂肪も燃焼しやすくなり、基礎代謝もアップします。これによって普段から太りにくく、痩せやすい体質にすることができます。また、内臓の機能もアップするため、からだの中から若返り元気になることができたり、アレルギーや花粉症なども緩和されます。冷えが改善されることによって生理不順や不妊が改善することもあります。

ハタ・ヨーガの特徴と歴史

現在若い女性を中心としてヨガがブームですが、いくつかあるヨガの種類の中でもたくさんのヨガスタジオやサークルで取り入れられているのがハタ・ヨーガです。
ポーズで神経を鍛え呼吸法で心を鍛えます。激しい運動では決してないので、じっくりと自分と向き合うことができ、自分の呼吸を感じることができるヨガです。集中力を高める効果がある動が含まれているので、リラックスして次の活動にスムーズに移ることができることから、リフレッシュに向いています。
ヨガにはいくつかの動きや呼吸に関する呼び方があります。アーサナはヨガで行うポーズのことを言います。瞑想しやすいポーズをゆっくりした動きの中でとっていきます。
プラーナーヤーマは呼吸法です。ヨガではゆっくりした呼吸でポーズを行います。常に呼吸を意識していると言って良いでしょう。たくさんの空気を取り込み、ゆっくりと吐き切る動作が重要です。
ゆっくりしたポーズをゆっくりした呼吸で行うことで身体中の気の流れをスムーズにしていきます。この気の流れをスムーズにする働きをムドラーと言います。
ヨガは自分と向き合うことが大事なので、身体の動きもその日の体調や自分ができる範囲で動かすだけで良いのマイペースで長く続けることができます。

ヨーガの種類とは

ヨーガはインドで古くから伝わっている健康法ですが、今もスタイルを変えながら、様々な進化をとげ、健康維持やダイエットに役立てられています。
種類も実に豊富ですので、それぞれに合うスタイルを選んでいきましょう。

伝統的なスタイルとしては、ハタヨガがあげられ、様々なヨガのルーツと言われています。
基本的なポーズを取りながら、ゆっくりと呼吸を行っていきます。ポーズと呼吸法がメインとなっており特にポピュラーなスタイルと言えるでしょう。

ハタヨガを元に発展したヨガとしては、瞑想をメインと心の安定に役立つアイアンガーヨガや、自我の目覚めを意識したサティヤナンダヨガなどもあります。

近年ではパワーヨガも人気で、これは筋力トレーニングの要素もプラスされ、世界的なヨガブームの火付け役となりました。
ハリウッドセレブらもダイエットやトレーニングに取り入れたことから、以前は修行というイメージの強かったヨガもよりおしゃれなイメージに変り、日本でも人気となっています。

さらに妊婦の方が行うマタニティヨガや、顔のみで行う顔ヨガ、愛犬と一緒に楽しむドッグヨガ、高温多湿の部屋で行うホットヨガなどユニークなスタイルも登場しており、さらなる進化が予想されます。}PgžxQ